• Facebook
  • Twitter
  • Instagram

マルベリー班、1次選抜テストが無事終了しました。(*^-^*)

2021年8月6日

先日からこちらの記事でも何度かアナウンスさせていただいていますが、

マルベリー班では7月20日(火)より3日間、

おやつのマルベリーで一緒に働いていただく利用者さんの採用にむけた

1次選抜テストを実施しました。

 

利用者さんに向けてこのような形の「採用テスト」を行うのは初めての試みだったため、

それぞれの個性に合わせた評価の手法を作ることができるかが、1番の課題でした(/ω\)

 

文字が読める方、読めなくても言葉で理解できる方

会話ができる方、発語は難しいがジェスチャーで伝えることができる方

○か×かが選べる方、AかBかであれば選べる方

 

みなさんの個性を一律の手法で評価する方法が思いつかず、

「これなら割と全員に伝わるかな?」というところで折り合いをつけて、

あとは一人一人に合わせて、少しずつ方法を変えて試しながら、

テストを進めていきました。

 

テストの大まかな流れは、以下の通り。

1,入室

2,実演(手洗いマニュアルに沿った手洗い、咳エチケット〇×問題)

3,身だしなみや基本的な就労マナーについて、質問を交えながら普段の様子を鑑みて評価

4,基本的な就労スキルについて、様々なシチュエーションの動画を見て○・×等の札を使って回答してもらう

5,志望動機の確認

6,退室

 

テストを終えてみた職員の感想は、

「はぁ〜、そうきたか!」や、

「どうしてそう考えたんだろう」、

「理解してもらえている手応えはあった」、など、利用者さんによって様々。

 

一貫して言えることは、採用テストという新しい取り組みを通して、

それぞれの利用者さんの新しい一面や可能性に触れることができたということでした。

 

会話を通したコミュニケーションはお互いを知る為の1手段に過ぎず、

今回のテストのように、普段と違うシチュエーション、場所、といった

「体験」を共有することで、知る事の出来る1面もあるのだなと

改めて感じる事ができました♪

 

とはいえ今回のテストは、ゴールでなく通過点!

 

合格した方は、これから約2か月間の試用期間となり、

長期にわたって自身のモチベーション維持に努めなくてはいけません。

 

また、不合格となった方も、自分の「やりたい!」という気持ちを大切に、

課題となっているポイントに取り組んでいく姿勢が求められます。

 

私たち職員も、本人たちに芽生えた意欲を大切に育てていけるように頑張りたいと思いますので、

これからも試行錯誤するおやつのマルベリーを応援いただけますと嬉しいです★

 

戻る
  • 障がい福祉サービスとは
  • 利用者募集中
  • 就労継続支援施設 くわの実
  • グループホーム くわの実
  • グループホーム あだんの実
  • 障がい者生活相談支援センター おおきな木
  • 職員募集中 一緒に働きませんか?
  • お問い合わせ ご質問もこちら
  • 開示資料