• Facebook
  • Twitter
  • Instagram

草ぽっぽ、安全講習会

2021年7月28日

台風も無事に通り過ぎて、いよいよ夏、真っ盛りですね!(๑>◡<๑)

 

ぐんぐんと勢いをつけて、あちらこちらで伸びていく雑草たちを前に、

公園の草ぽっぽ活動(草刈り作業)は、一年のうち最も忙しいシーズンを迎えています。

 

そして、そういう時には事故がつきもの。

目の前の仕事量にばかり意識がいってしまい、

ついつい草刈機に近づきすぎたり、鎌やノコギリを扱う時の注意が欠けたりしてしまいます。

 

そのためこの日は、午後の作業には行かずに、

「忙しい時こそ、気を引き締めよう!」と、

草ぽっぽ活動時の安全講習会を行うことになりました。

 

基本のルールは、

草刈機の半径5メートル以内には近づかないこと。

 

草刈機を扱っていると、木の幹などに刃が当たってしまう反動で、機械が急に跳ね返ったり、

高速で回る刃に撥ねられた小石が、ビュンと飛んでくることがあるのです。

 

これまで何度も、繰り返し練習していることなので、

みなさんおおよその距離感は掴めています。

 

「草刈機から5メートル以上の“安全なところ”まで離れてください」と声かけすると、

みなさん一斉に「ここは安全!」というところまで離れることができます。

 

ですが、いざ作業をしだすと目の前に没頭して、近づいてくる機械に気がつかない方もちらほら。

 

周りの状況に注意し続けるというのには、練習がいるんですよね。

 

時折、大きなエンジン音を響かせながら、そーっと利用者さんに近づく職員。

それに気がつくと、「あ!危ない!」と距離を取る利用者さん。

 

危険を察知する → 回避する

 

注意力を“身につける”ために、これを繰り返し練習して

危険回避の体験を重ねることができたB型利用者のみなさんでした。

それでは、今日も安全第一で草ぽっぽ活動をがんばっていきたいと思います♪

みなさんも、良い1日を!(*^^*)

 

戻る
  • 障がい福祉サービスとは
  • 利用者募集中
  • 就労継続支援施設 くわの実
  • グループホーム くわの実
  • グループホーム あだんの実
  • 障がい者生活相談支援センター おおきな木
  • 職員募集中 一緒に働きませんか?
  • お問い合わせ ご質問もこちら
  • 開示資料