絵画教室(第2回)の様子です★

2021年5月26日

5月21日(金)は、生活介護の利用者さん向けに、第2回目の絵画教室を開催しました♪

 

この日は、雑誌や折り紙などの断片を自由に切り貼りして作るコラージュ作品に挑戦。

Yuta先生が「こういう風に、好きな素材を切って、好きな場所に貼っていきます、、、」

とお手本を見せると、

すぐに思い思いの創作をすすめる方もいましたが、中には困惑した表情の方も、、、

 

具体的に「この紙をここに貼ってください」と言うと、言われた通りにする事は出来ても、

“好きなようにやる(=自分で決める)”ことが苦手な方は

まだ一定数いるように見受けられました。

 

創作をすすめられずに手が止まっている方に、職員がそっと近づくと、

すぐに「どうしたらいいの?」と、こちらを見上げて指示を仰ぐ様子。

 

職員はあえて具体的な指示は出さずに、

「これ(折り紙)があるね、これ(雑誌の切り抜き)もあるね」と

素材を手に取って本人に見せていきます。

そして今度は机の上に置かれたのりを手に取って、

「これを貼ってもいいし、これを貼ってもいいんですよ」と本人に伝えて様子を伺います。

 

すると、手始めに職員が本人に見せた折り紙を取って、「これ?」と訊ねる利用者さん。

 

「それでもいいですよ。”好きなもの”、貼ってみましょう?」と、また様子を見守ります。

 

すると、「ここ?」と、貼る場所を確認する利用者さん。

 

「そこでもいいですよ。”好きな場所”に、貼ってみましょう?」と再度様子を見守ります。

 

すると、そのままの折り紙を、先ほど確認した場所に貼る利用者さん。

「そうそう、その調子で、色々好きなもの貼ってみてください(^^)」と、いったんその場を離れてみます。

 

少し離れた場所から、「どうするのかな~」|ू•ω•)と、本人の様子を見ていると、

まずは色々な素材の山の一番上から、折り紙の断片を手に取って糊付けしている様子がありました。

 

そして、ぺたり。

 

2枚の折り紙が貼られた画用紙をじっと眺める利用者さん、、、

 

すると、思い立ったようにそれらを剝がし始めます。

 

再度まっさらになった画用紙を見つめると、

今度は色々な素材の中から、ギターの切り抜きを選び取って、ぺたり。

 

次は、Tシャツの切り抜きを、ぺたり。

 

今度はハサミを取って、先ほどの折り紙を半分に曲げて切り分けます。

でも切り分けたものは横にのけて使わずに、模様が付いた断片を貼り始めました。

 

ここからは、もう止まりません。(笑)

素材を選んだり、折り紙を切ったりちぎったり、楽しそうに体を左右に揺らしながら

熱心に創作活動を続けます。

 

その様子で、胸がいっぱいの職員。|ू;ω;)(笑)

 

普段から、「本人に選択させる」ことを大事にしているくわの実ですが、

ある程度の枠組みが決まっている事が大抵です。

例えば、「AとB、どっちが食べたい?」や、「午後の活動はAとBのどっちがいい?」などなど。

 

なので、まっさらな紙を渡されて、初めは困惑しつつも、徐々に自分で選択していき、

好きなように切り抜きを貼っていく利用者さんを見て、とても胸を打たれました。(*^^*)

 

これってもう、立派な自己表現ですよね。

…本人にとっては、大したことじゃないのかもしれませんが。(笑)

 

アートって、正解も不正解もなくて、ただただ自分の好きなように表現することが出来ます。

本人が「いい」と感じたなら、折り紙をそのまま貼ってもいいし、ギターの切り抜きを貼ってもいい。

“自分で決める”が出来るようになるための練習をするにはもってこいの、

素晴らしい機会に恵まれたと、改めて感謝感謝の金曜日でした。

 

これから利用者のみなさんの自己表現が、どんどん活発化していくかもしれないと思うと、

今からとても楽しみです( *´艸`)

 

指導に来て下さった、Yuta Imamura先生の作品はこちらから見る事が出来ます♪

素敵な作品がたくさん掲載されていますので、ぜひ覗いてみてください★

(インスタグラム)↓↓

https://instagram.com/route0yuta?igshid=1buimfcqy47cr

戻る
  • 障がい福祉サービスとは
  • 利用者募集中
  • 就労継続支援施設 くわの実
  • グループホーム くわの実
  • 障がい者支援事務所 あだんの実
  • グループホーム あだんの実
  • 障がい者生活相談支援センター おおきな木
  • 職員募集中 一緒に働きませんか?
  • お問い合わせ ご質問もこちら
  • 開示資料